当サイト採用!!Cocoonテーマの詳細はコチラ

機能性抜群!可愛い位牌の紹介

おすすめ

今回は少し悲しいお話になりますが、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

13年という長いようで短い生命

ミーちゃんとの出会い・生活

私が高校生だった頃に、親の知り合いから保護した猫を飼ってほしいという話から始まりました。

●保護された経緯●
とある工場の機械の隙間から発見され、怪我はないものの、かなりの恐怖心で怯えていた様子だったそうです

推測する限り、人間または何かから逃げて狭い場所(発見された場所)へ隠れたのではないかと思います。

●性格●
警戒心がとても強く、臆病、人にはなかなか懐かない

初めて飼うことになったペットがなかなか懐かないということで、たくさんの苦労がありました。

小さい時はとにかく狭い場所や物の陰に隠れ、姿が見えないことで家中捜索することが多かったです。

大きくなると縄張り意識が芽生え、敷地内に野良猫が現れると威嚇して人間に攻撃してくることもしばしばありました。

私も何回か噛みつかれました。噛むまで追いかけてくるので、かなりの恐怖感はありました。

それ以上に大変だった脱走事件

ある日の夏、学校から帰るとミーちゃんの姿がなく、とある部屋の窓の網戸が開いていることに気づきました。

家中探しても見つからず脱走が発覚しました。

そこから毎日、ミーちゃんを探す日々でした。臆病なので物陰に隠れている可能性が高く、車の下や塀の隙間中心に探すも見つからず・・・

お腹空いて餌食べに来るかもしれないという期待をし、ベランダに餌を置いて帰りを待つこともありました。

置き始めて何日かして、ミーちゃんはベランダに姿を現し餌を食べていたのですが、人の動きを察知して逃げていきました。

本当に警戒心が強いので、発見しても逃げられてしまうので追いかけることは不可能でした。

それ以降、しばらくベランダには姿を現さなかったのですが、再び姿を現しました。

前回同様、気配でミーちゃんは逃げていきましたが、逃げた方向を追いかけると、近くの空き家の車の下で発見しました。

1時間近く格闘のすえなんとかケージ内に入り、無事に保護しました。

それ以降のミーちゃんの様子

脱走してからは、無人の家にお留守番させるのは危険と判断し、親の実家に預けられることになりました。

幸いにも祖父祖母が可愛がってくれていたので、別の場所でもミーちゃんは幸せに暮らしていました。

その後、私自身も進学で一人暮らしを始めてそのまま近隣で就職したので、実家へ帰ることも少なくなり会う機会も減ってしまいました。

そしてクルミ、2年後にチビ助を新たな家族を迎え入れて生活していたので、それ以降はミーちゃんには警戒されてしまいました。

月に1度は帰り、自身のペット達とも顔合わせることもありましたが、なかなか慣れてくれませんでしたね。

年齢が重なるごとにミーちゃんは大人しくなっていき、暴れることも減っていったそうです。

昨年の11月に天国へと旅立つ

10歳過ぎてから、病院へ通う頻度が多くなりました。

消化器系が小さい頃から弱く、吐いてしまうことがあったのですが、高齢になるにつえ増えていったようでした。

ご飯も食べない日があったり、ずっと寝ている日もあったそうです。

そして去年の10月下旬。

ぐったりしており、まったく元気がない。急いで行きつけの病院へ走るも検査してもらえず、遠くの病院へ。

検査し、熱も出ているということから点滴開始とともに入院。

次の日には少し元気になり、ご飯も食べたようで3日後に無事に退院。

しかし、帰ってきてからなかなかご飯は食べず、内服もあったので無理やりでも食べさせていたそうです。

いつもならベランダにいるのが、物の陰に隠れて気配を消す行動が増えたとか・・・。

そして11月2日の夜中。苦しい様子で鳴いていると母親に一本の電話が。

前回お世話にあった病院へ連絡するも時間外で連絡が取れず、さらに遠くの救急病院へ走っている最中、母親に抱かれたまま息を引き取ったそうです。

私自身は電話にてその知らせを聞いたので、最期に会うことはできませんでした。

 

私も何かしてあげたい

自身もペットを迎え入れたことや環境の変化にて関わりは減ったものの、私の家族であることには変わりはないので、何かしてあげようと思いました。

叔母がミーちゃんの位牌など買ってくれたそうで、親の実家には可愛い仏壇がありますが、元の家である私の実家には、生前の写真と分骨だけでした。

経済的にも高いものは買うことができなかったので、安くて手軽なものを購入して飾ることにしました。

アクリルお位牌 写真立て オーバル型

大きさは9㎝と小さめではありますが、透明で可愛さもありお手頃価格です。

そして、こちらの商品は位牌としてだけではなく

写真を入れて飾ることができる

一石二鳥のお品物になっております。

2枚構造になっており磁石で止めるタイプなので、難しい構造ではありません。

ただこの大きさや形の写真はないので切るという必要ありますが、台紙もあるので簡単です。

また台紙としてだけではなく、裏には没年月日やお名前、年齢も記載できるものになっているので、位牌としての機能は十分あります。

実際に形に切り、飾った写真はコチラ。

小さいので目立ちはしませんが、形として残す分にはとても良いお品ものでした。

親もびっくりした様子で満足してくれたので、私としても嬉しかったです。

購入先のご紹介

今回購入させて頂いたのは、ペットの最期の商品を多く取り扱う「ペットのしっぽ」です。

一般的な位牌からお手頃価格の写真立て位牌、遺骨カプセルなどたくさんの商品が取り揃えております。

ペットの写真を入れた世界に1つだけのオーダーメイド商品もあり、今なら新規会員登録で、すぐ使える500円クーポンもありますよ。

最後までお読み頂きありがとうございました。
おすすめ商品紹介
スポンサーリンク
キラをフォローする
キラ

2匹のペットと暮らしております。ペットを飼育する上での必要なものや情報などを発信していきます。またサイトカスタマイズにも挑戦しており、作成方法なども公開しております。
「まずは自分から動いてみる!」そして「自分で調べて身につける!」私のモットーです。

キラをフォローする
キラペット.com
タイトルとURLをコピーしました