当サイト採用!!Cocoonテーマの詳細はコチラ

犬のトイレ|失敗する原因と成功させるためのコツ

日記

ペット(特に犬)飼う上で、一番悩むトイレのしつけですよね。

私は、愛犬に「寄り添う」形でのしつけ方法をご紹介していきます。

・トイレを覚えてもらう意味
・しつけの仕方
・やってはいけないこと

上記点について説明し、実体験をもとに考察していきますので、どうぞ最後までお付き合いください。

 

スポンサーリンク

しつけする前に

ペットを飼育する上で、一番始めにしつけするのはトイレではないでしょうか。

でも、言葉を話さない動物にとって、教え込むというのはとても大変なことです。

当然、家中どこでもトイレされては飼い主も大変です。しかし覚えない理由には、飼い主に原因があることが多いです。

・過去にトイレ失敗して怒ってしまった
・普段から愛犬とコミュニケーションが取れていない

このような状態に当てはまるとなかなか改善は難しくなりますが、しっかりと信頼関係を築いていけば回復することもあります。

まずはしっかりと愛犬とコミュニケーションを取るようにしましょう。

 

しっかりと覚えてもらうには

環境整備

ただただ、やみくもに「トイレはここ!」と教えてもダメです。

愛犬にとって、トイレがしやすい環境にあるかがとても大切になってきます。

・部屋の中が荒れている
・ケージ内が汚れている

このような場合は、まず綺麗するところから始めましょう。

私たちでも、汚いトイレ見るとしたくなくなるのと同じです。愛犬も同じ思いをさせないようにしてください。

トイレの配置

みなさんはどこにトイレを設置していますか?またはしたいですか?

おそらくどちらもケージ内が多いのではないと思います。

でも、犬によってはケージが苦手な場合もあります。

・ケージ=お留守番(寂しい思いをする場所)
・怒られてしまったときの場所

犬にとってケージが良い環境下ではない場合は、ケージ内に設置するのは難しくなってきます。

このことに関しては、実体験をもとに詳しく説明していきます。

以上のことから、愛犬がトイレしやすい配置にすることも大切になっていきます。

 

実体験に基づくトイレのしつけ方法

では、ここからは私が実際に試したこと、失敗談も含めて考察していきます。

飼い主がトイレの場所を決める

一番オーソドックスな方法です。

①飼い主がトイレしてもらいたい場所を決める→ケージ内に設置
②ご飯食べた後や床の匂いを嗅ぎ始めたなどのトイレしそうな仕草していたら、ケージへ入れてトイレするまで出さない
③トイレできたら褒めておやつを与える

こちらの方法に関しては、残念ながら失敗に終わってしまいました。

考察

まず、クルミの性格を見てみましょう。

寂しがり屋で甘えん坊

では、環境について見てみましょう。

小さい頃にお留守番させていた場所はケージ内

以上のことから、クルミにとってはケージは良い環境ではありませんね。

「ケージはお留守番場所=飼い主と離れる」と認識してしまっています。

この認識によりトイレすることよりも「寂しい」という気持ちが強くなってしまい、結果的にあまりしてもらえませんでした。

成功したときにおやつを与えましたが、「ご褒美」というよりも「やっと構ってもらえた」という気持ちの方が強かった気がします。

飼い主がしたい場所への誘導

もしかしたら、ケージが怖いだけではなく「覚えきれていないのかも?」と淡い期待をしながら、この方法を実践します。

①ケージ内のトイレはそのままに少し自由にさせる→当然覚えきれていないので失敗
②怒ることもせずに淡々と失敗したオシッコをシートに吸わせて処理する
③そのシートをトイレの位置に持っていき、愛犬に嗅がせながら「これにするんだよ」と話しかけながら教える
④トイレできたら褒めておやつを与える

こちらの方法に関しては、半々で成功することが多くなりました。

考察

「シートへする」という認識はついてきたものの、やはり「ケージへの恐怖心」が抜けないので、手前でしたりすることもありました。

このケージが嫌なのか?と考え、トイレ用のシステムサークルを用意してみたのですが、やはり失敗に終わりました。

クルミにとって、何か囲われているものには恐怖心がある

愛犬に寄り添うしつけ

上記のクルミの性質を踏まえ、次の方法を試します。

①トイレしてもらいたい位置は変更しないが、枠を撤去して床板だけ残しシートを満遍なく引く
②どうしても特定の位置にしてしまうことがあるので、そこもトイレに追加する
③どちらのトイレでもできたら褒めておやつを与える

この方法にてトイレしつけを成功することができました。

考察

やはり囲われていることが、クゥちゃんにとって「恐怖」であることがわかりました。

愛犬にとっての恐怖心を排除する

小さい頃にたくさんお留守番をさせてしまった飼い主の責任ではありますが、無理に場所や環境に拘らないことも大切だと思います。

また、1つに拘ることなく追加してあげることで、安心感も増大すると考えております。

 

まとめ

寄り添う形でのトイレのしつけ方法についてお話していきました。

自身の生活環境や愛犬などの性格は考慮してあげる必要があると思います。

なかなか覚えてもらえないことで、どうしてもイライラしてしまいますが

トイレ失敗したときに怒ってしまうのは禁忌!!

これだけは覚えてください。

トイレがダメなんだと認識してしまい、次第に我慢するようになり、膀胱炎などの泌尿器系の病気などになってしまう恐れがあります。

成功したときは存分に褒める、失敗しても怒らない!!

大変なしつけではありますが、心穏やかに根気強く続けることが必要です。

では最後に、私が愛用しているペットシーツご紹介します。

開いた瞬間にふんわりとせっけんの香りがします。シーツ1枚が厚めに作られているため吸収性もよくて使いやすいですよ。

最後までお読み頂きありがとうございました。

日記飼育情報
スポンサーリンク
キラをフォローする
キラ

2匹のペットと暮らしております。ペットを飼育する上での必要なものや情報などを発信していきます。またサイトカスタマイズにも挑戦しており、作成方法なども公開しております。
「まずは自分から動いてみる!」そして「自分で調べて身につける!」私のモットーです。

キラをフォローする
キラペット.com
タイトルとURLをコピーしました