当サイト採用!!Cocoonテーマの詳細はコチラ

猫のトイレ|どれがおすすめ?ドーム型?縦型?いろいろ使ってみての感想

Pet飼育情報

皆さんは愛猫にどんな形のトイレを使用していますか?

・箱型
・ドーム型
・縦型
・システム型

今はいろんな種類のトイレが販売されていますが、どれを使ってよいか正直悩みますよね。

相談者
相談者

・それぞれのトイレのメリットデメリットを知りたい

・コスパを考えるとどれがよいのか

こういった点について解説していきます。

 

スポンサーリンク

猫のトイレの習性について

キレイ好きの猫はおしっこなどを隠す習性があります。

汚いものを隠すというよりも、外敵から匂いなどを守るためにしていると言われております

そのために猫を飼っている方ですと、砂を使用している方がほとんどかと思います。

昔と違っていろいろ改良されてたくさんのトイレが販売されているので、今回は4種類について解説していきます。

 

メリットデメリットについて

では、それぞれのトイレのメリットデメリットをあげていきたいと思います。

箱型

こういったトイレが箱型になります。

・価格が安い
・トイレをしたか判断しやすい
・砂が散らかりやすい
・匂いが充満してしまう

私もこちらのタイプのトイレを使用したことがありますが、結構砂が床に散らばることが多かったので、チビ助には不向きでした。

このタイプをおすすめする猫
・砂かきをあまりしない
・子猫

猫は隠れる習性もあるので、子猫の場合ですと箱型タイプにすることで「隠れる場所ではなくトイレ」と認識するかもしれませんね。

ドーム型

私の家ではこのタイプのトイレを使用しています。

・箱型なので猫も安心
・砂が撒き散らかりにくい
・トイレしたのか一目で判断がつきにくい

基本的にこのトイレはとても使いやすいので、採用している方も多いかと思います。

デメリットについては、匂いや砂がかかれている様子があれば確認できますが、箱型よりは確認しにくいという点です。

このタイプをおすすめする猫
・一般的な砂かきをする
・隠れてトイレをする

どの子でも使いやすいトイレですので一番おすすめと言えるでしょう。

補足

私の場合は犬を飼っており、クルミは食べきれないお菓子などを隠す習性があります。

稀に猫のトイレからそのお菓子が出てくることもあるので、猫のトイレの妨げになる可能性もありますね。

縦型

上記補足情報からこちらのトイレも採用しております。

(現在は販売終了品のため在庫品薄状態)

・ドーム型よりも砂が散らからない
・猫の隠れ家のようなデザイン

当然、この形にするとクルミは餌を隠すことができません。

・大きい猫は入りにくい
・出入りが少し大変

こちらの商品は少し出入口が小さめでしたので、チビ助には小さくなかなか入ろうとはしませんでしたね。

こちらですとまだ違ったかもしれません。

このタイプをおすすめする猫
・砂かきをたくさんしてしまう
・箱型に入るのが好き

飼い主側としては、上り口も網状になっていて砂が下に落ちる設計でしたので、砂が散らからないのはとても良い点でしたね。

システム型

こちらは専用の砂とシートが必要なタイプで上記3種とは少し違った構造です。

・おしっこは下のシートに吸収されるので砂替え頻度が減る
・重ための砂なので散らかりにくい
・シートの管理が少し大変
・維持費が高い

お留守番が多い子や何度も砂を取り換えるのが面倒な飼い主にはありがたい商品です。

しかし、そのありがたさにシートの存在を忘れてしまい、溢れてしまうことも・・・

このタイプをおすすめする飼い主
・トイレを都度交換することができない

こちらを採用するのは猫視点というよりも、飼い主の飼育環境のほうが優先されるでしょう。

 

まとめ

結論としては、それぞれ猫の性格などが変わっていきますので、その猫にあったものを選ぶのがよいでしょう。

もちろん飼育環境も考慮する必要があります。

それぞれのトイレのメリットデメリットから、ご自宅の猫の性格などから参考にして頂ければ幸いです。

子猫の場合ですと、最初は段ボールや発泡スチロールなどで代用して様子見るのも一つの手かと思います。

補足

最後にあげたシステム型トイレについてですが、普段の砂と犬に使用しているシートで代用したこともありました。

しかし砂にしてもシートにしても専用のものよりは吸収性が劣れてしまうので、システム型としての機能は果たせませんでした。

ご参考までに。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Pet飼育情報ペット関連
スポンサーリンク
キラをフォローする
キラ

2匹のペットと暮らしております。ペットを飼育する上での必要なものや情報などを発信していきます。またサイトカスタマイズにも挑戦しており、作成方法なども公開しております。
「まずは自分から動いてみる!」そして「自分で調べて身につける!」私のモットーです。

キラをフォローする
キラペット.com
タイトルとURLをコピーしました